奈良の平岡工務店はお家の物語を大切にする

  • facebook
  • instagram

親子三世代同居の新しいカタチ【北葛城郡】

親子三世代同居の新しいカタチ【北葛城郡】

ご両親と長女(姉)が住んでいた築35年の鉄骨造3階建の実家で、次女(妹)家族も一緒に住もうという計画から、ご実家を親子三世代で暮らせる二世帯住宅へとフルリノベーションしました。 鉄骨造なので建物は頑丈に造られているものの、断熱性が低く、底冷えする寒さに震えながら暮らされていたご両親。 快適に暮らせる住宅性能は備えつつ、親世代と子世帯が程よい距離感で生活できるよう、共有する部分は玄関のみとし、スタイリッシュな子世帯と、ナチュラルでシンプルに仕上げた親世帯。 それぞれの空間に趣味を色濃く反映しました。 間取りもテイストも全く違う2つの魅力がスケルトン階段で交差する、新しい同居スタイルを感じられるお家です。


小さな工夫で心地よい暮らし【木津川市】

小さな工夫で心地よい暮らし【木津川市】

住みたい街から選ぶと、戸建てリノベーションが最適な解になりました。 最初は、新築の戸建をご希望だったTy様。 ご希望のエリアは、教育環境もよく、駅前に大型施設などもある「高の原」。 しかし、このエリアの土地価格は非常に高騰していて、駅に徒歩圏内での新築は、予算的に厳しい状況でした。 それでも、子供の通学や、老後の生活のことも考えると、「高の原駅」に徒歩圏内は必須条件、そこで、目線を変えて既存住宅をリノベーションしてお住まいになることをご提案。 状態の良い物件も見つかり、古家がどの様に変わるのかを現場で確認しながら、お話を進めていきました。 Ty様のご要望には次のようなものがありました。 ・料理をしながら洗濯・室内干し・収納が負担のなく出来る間取りにしたい。 ・奥様が昔から憧れている、食器に囲まれた暮らしがしたい。 ・丈夫で長持ちするような家にしたい。


しっくりと馴染むシャツのような家【高の原】

しっくりと馴染むシャツのような家【高の原】

新築で購入したマンションの間取りに納得がいかず、自分達に合う空間にリノベーションしたいとご相談を受け、築0年のリノベーションを行うことに。 マンション特有のよくある間取りに、機能的な家事動線と収納をプラスして部分的に改装して快適性を高め、暮らしに彩を添えるインテリアをトータルでご提案をさせて頂きました。


大好きに囲まれるワンフロアの生活【北葛城郡】

大好きに囲まれるワンフロアの生活【北葛城郡】

ご両親から受け継いだ3階建ての一軒家を、自分達の好きな雰囲気にリノベーションしたいというご要望を受け、現地調査に行ってみてビックリ。まるでマンションのような鉄骨造の建物で、ワンフロアが170㎡(50坪)近くもある大きなお屋敷でした。ただ、今の間取りでは、3人家族が住むには各部屋が広すぎて使い勝手が良くないため、既存の壁は全て取り払って、生活がしやすい動線を考えて間取りを再構築。お施主様が大好きな北欧系のインテリアもフンダンに取入れたリノベーションとなっています。


大胆に間取りを変えた広々リビングの家【奈良市】

大胆に間取りを変えた広々リビングの家【奈良市】

ホームインスペクションと耐震診断を行い、耐震補強と経年劣化が進んだ部分の補修をキッチリ行ったうえで、大掛かりな工事はプロに任せて、自分達で出来る部分はD.I.Yで仕上げる。と言った感じで計画を分けることで予算を出来る限り圧縮。キッチンとダイニングを元和室だった場所に移動してリビングと繋げることで、It様の希望だったつながりのある広々としたLDKを実現しました。


ヴィンテージな雰囲気漂うテラスハウス【生駒市】

ヴィンテージな雰囲気漂うテラスハウス【生駒市】

生駒の見晴らしのよい高台にある築30年のテラスハウスを全面改装。天然素材の無垢床材やペアガラスへの入れ替えなど住宅快適性能を向上しつつ、料理好きの奥様には大きくて使い勝手の良いキッチンを、自転車が趣味のご主人には室内駐輪条を、ご夫婦それぞれのライフスタイルに合ったテイストでプランを作成。造作家具は素材を統一し、建具はヴィンテージな色使いでコーディネイトするなど、お部屋のポイントを作りながらバランスの取れた空間に仕上げています。