奈良の平岡工務店はお家の物語を大切にする

  • facebook
  • instagram

Km様邸 京都府相楽郡 仕様決め

この日は、着工を目前に控えたKm様に壁紙や床の素材などの仕様を検討していただくためにご来店いただきました。

言うまでもなく、壁紙や床の色は部屋全体の雰囲気を決める大切な要素です。

お家の間取りとデザインを担当したプランナーと、インテリアコーディネーターの森本も同席し、雑誌やKm様の好みのイメージを切り抜きを集めたコラージュブックとサンプルカタログを見比べながらイメージを共有していきます。

奥様「こんな感じ好き。ちょっとラグジュアリーな雰囲気。」

森本「外観や他の部分の雰囲気を考えたら、これぐらい上品なのがいいですねぇ」

やんちゃな笑顔で旦那様が違うサンプルを指さして

ご主人「こっちは?」

森本「こっち(大理石調)だとラグジュアリー過ぎて、シルクのガウンを着てワイングラス回す感じになってしまいますね(笑)」

一同「ほんまや!!」

お家造りを、楽しんでいただけているようです。

気づけば床にも机にもサンプルが山積みになっていました。。。

「こうして壁とか床の色を悩めるのって、ほんと贅沢なことだよね。」

奥様がしみじみとおっしゃっていました。

打ち合わせを始めたころは緊張してあまり声を発さなかったお子様も、間取りや外観の打ち合わせを重ねる度にどんどん懐いてくれ、今では声を上げて笑ってくれています。

お家を建てる準備は万端です。

Km様の思いが少しずつカタチになっていきます。