お家の物語を大切にする平岡工務店

  • facebook
  • instagram

お家を考えるメンバー

スタッフ/お家を考えるメンバー

当時、現役の大工だった平岡輝嘉は、ハウスメーカーの下請けを多く請負う中で、気付けばいつも同じ家ばかり造っていました。
「もっと人それぞれの個性に合わせた家づくりをしたい!」
そんな想いから平岡工務店は始まりました。

最初は苦難の連続でしたが、そのお家に対する熱い想いは、同じ想いを持った人を惹きつけ
1人また1人とメンバーが増えて、「平岡工務店」は誕生しました。

わたしたちが、最も大事にしていることは、お客様との会話。
何気ない会話の中に潜んでいる、自分でも気づいていない「私らしさ」を発見すること。
そして、その「私らしさ」をお家の中に散りばめ、1人1人にジャストフィットする暮らしと、お家をつくることです。

平岡 輝嘉

代表取締役平岡 輝嘉

徹底的にお客様のご要望を引き出し、ちょっとした違和感も残さない丁寧なおうち作りがモットー。大工というバックボーンがあるからこそ、構造や素材などの細かいところまで目が届く。平岡工務店の間取りストの第一人者。

平岡 健治

現場監督平岡 健治

お家を建てる上で大切な要素の素材。異常なくらい素材の見極めの「鼻が利く」。また器用な上、建物の構造を知り尽くしており、別名「歩く建築広辞苑」。

木下 美佳

現場監督木下 美佳

現場第一主義。とにかく現場に行って、常に現場でどう進めるべきか、ミスはないか、次の段取りはどのようにすればスムーズか等を的確に判断する現場の司令塔。
別名「段取りの木下」。

高田 恭一

Planning Manager高田 恭一

お客様の頭の中にあるイメージを俯瞰的に捉え、色のバランスやインテリアのバランスを整え、ライフスタイルを考えていく。
平岡工務店の間取りストの一人。

森本 起子

コーディネーター森本 起子

前職ウェディングプランナーであり、よく話を聞く。一緒に悩むクセがあり(笑)、お客様と一緒に生みの苦しみを味わっている。きちんと予算や空間にベストマッチしたインテリアをご提案することが得意。

西本 康人

Planner西本 康人

少し違う角度から物事を捉え、今までの概念と違う、面白い発想の持ち主。
社長の平岡曰く、もう少しバランスが整えばすごい建築家になる!とお墨付きの期待のホープ。

弓指智寛

現場監督弓指智寛

元システムエンジニアという異色の経歴を持つが、ハートはめちゃ熱い。過去に身内で不本意な家づくりを目の当たりにした時に僕たちのお客様には同じ思いをして欲しくない!とこの業界に入り、ただいま日々奮闘中。

この職人さんたちにしか頼まない理由があります。

スタッフ

〜平岡工務店との関係〜

平岡さんと僕のやりとりは周りから見たらそんな指示で分かるのかなって思われるような事も多いです。ですが、長い付き合いだからこそすべてを言わなくてもお互いに分かり合える所があるので、平岡さんとは阿吽の呼吸で仕事ができています。

時間や効率に捕われず、お客様のことを常に考え、良いものを時間を掛けてを作ろうという平岡さんの誠実な物づくりに僕も共感しています。実は今、平岡さんからしかお仕事を受けていません。平岡工務店は、こういう平岡さんに引きつけられて集まった人たちばかりなので、みんな同じ方向を向いて頑張っていこうという意識が強いんだと思います。

01大工

佐藤 真吾

〜どんな思いで仕事に取り組んでいますか〜

僕は、もともと設計事務所で働いてましたが、昔からの夢だった大工になろうと思い、弟子入りしてかれこれ 25 年ほど大工をしています。

エイジングという長年使いこんだような風合いに仕上げる装飾や、家具製作まで任されています。既製品とは違い、作り方一つで味や風合いも変わるものなので毎回イメージを膨らませて日々仕事をさせていただいております。

僕が、一番大事にしている事として、自分達作り手が「これが格好いいだろう。」となる家づくりではなくて、お客様が本当に心から建てて良かったと感じて頂ける様に気をつけています。最後にお客様の良い笑顔をみると「ああ、よしっ!」って気持ちになります。

なかでも仕上がった時に涙を流して下さった方がいて、今でもそれが忘れられません。この仕事についてよかった〜って感じますし、ホント嬉しかったですね。 そんなお客様に愛着をもって可愛がってもらえるような良い家をこれからもつくっていきたいです。

スタッフ

〜平岡工務店との関係〜

他の工務店では現場でいくつもの業者を詰め込む事があるのですが、平岡工務店では現場で業者さん同士が重ならないようにきちんと計画を立てているので、広いスペースを使う事ができます。

僕らが作業していると手元や目の前のことばかりに集中してしまう事もあるのですが、考えや見方をちょっと広げて「こうすればいいのでは。」 と言ってもらえるので常にお客様のために良いお家ができていると感じます。

こういう現場を見ているからこそ、家が出来上がって「やっぱこの家いいなあ。住みたいな。」って思いますね。

02給排水設備工事

藤本 忠司

〜どんな思いで仕事に取り組んでいますか〜

お家の一番の天敵は「漏水」だと考えています。 昔の家の解体やリフォームに携わると、水道管がうまく接着されていない事を見かけます。水道管は、接着するときにしばらく手で抑えてしっかりと圧着しなければならないのですが、それを横着した結果、漏水の原因となっている事を見かけます。僕は、配管工事など見えなくなってしまうところに携わっているんですけど、見えないところにこそ拘りを持って取り組んでいます。

住んでいる人が笑顔でいられるというのは、住んでいて何不自由無く不便なところが無いことだと思っています。

どこか不便な所があると家で笑って過ごす事ができません。そんな笑顔がない家にはしたくないので、常に良い物を造っていきたいと目標をもっています。いつまでも笑顔が出てくる家であって欲しいですね。笑ってもらえるのが一番です。

スタッフ

〜平岡工務店との関係〜

平岡工務店が指名で僕を選んでくれるっていうのはやっぱり嬉しいですね。その代わり良い仕事で返したいと思っています。

平岡さんも常に現場をこうやればいいのではというのを考えてくれます。目の前の利益を追い求めるような方ではなく、常にお客様のことや現場の事を考えてくれるので、作業もやりやすいですし気持ちもいいですね。

それに、平岡さんのおかげで、いい職人さんが集まっているので工事をするのもお互いにやりやすく提案もしやすいですね。

03電気工事

中野 寿之

〜どんな思いで仕事に取り組んでいますか〜

見えないところを美しくきちんと仕上げる。
電線というのは、張ってしまえば壁の裏側に隠れてしまう物ですが、柱に沿って綺麗に仕上げることで、現場で効率よく作業ができるので綺麗にするということは重要だと感じています。一昔前に値段が安いから丁寧にしなくていいよって言われた事があります。僕は正直ショックを受けました。。

また、家を解体した時や修理したときに綺麗に配線されていると他の業者さんが携わったときも修理はやりやすいと思っています。
それに、キレイに配線されているとやっぱり気持ちがいいですよね。
最近では、家電も進化しているのでその事を考えて提案しなければならないと考えています。

例えばお掃除ロボットや最新空調機器のことを考えてコンセントの位置を調整します。スイッチもお客様の右利きや左利きかを考えてご提案する事もあります。こういう細かい所まで目をかけながら仕事をすると気持ち良いですね。

スタッフ

〜平岡工務店との関係〜

平岡さんとは、20 年以上前の平岡工務店を立ち上げる前から大工同士のお付き合いです。大工当時から平岡さんはお客様へ対しての想いが人一倍熱かったですね。

平岡さんは、一切妥協をしません。難しい事もどうにかできないかと真剣に物事に取組んで、絶対にこれくらいでいいやという妥協をしませんでした。

心底お客様のことを考えていて、他の工務店さんに比べて誰が見ても文句は言われないであろうという所までカタチとして仕上げようという高い意識が側にいただけでよく伝わってきました。。

04大工

若松 孝則

〜どんな思いで仕事に取り組んでいますか〜

正確に図面の通り作ることはもちろん、平岡工務店は、間取りが出来た段階でかなり洗練されているので、実際は図面の通り正確無比に作ることが多いです。ですが、お客様のことを考えながら作り上げていく中、たまに気になる箇所が出てくる事があります。

例えば「お客様の身長を考えたらここの天井はもっと高くしたらいいのでは」「奥様の身長ならこの棚の位置はこのぐらいかな。」というように気になった事はすぐに現場監督と話して提案します。

やはり長い時間過ごされる場所ですから、 妥協なくいつも真剣に取組むよう心掛けています。

こういう意識で取り組むと、最後に家が出来上がり、お客様に喜んでもらえた時の顔を見ると素直に自分に伝わってきます。そんなお顔を見れると次も頑張っていこうという意識が出てきます。

そしてまた次のお客様のために無心で作業に没頭していますね。