奈良の平岡工務店はお家の物語を大切にする

  • facebook
  • instagram

Ad様邸 奈良市 御幣筆入れ

間取り、仕様など、何度も打ち合わせを重ねてきたAd様。

上棟も近づいてきたこともあり、御幣の筆入れを行っていただきました。

奥様が見守るなか、ご主人は文字間のバランスを見るため、まずは鉛筆で下書きを。

いよいよ筆が入ります。

いつもにこやかなご主人も、一筆目の緊張感はこちらにも伝わってくるほど。

「奉」の一文字目を書き終え、ホッと安堵を見せると、ここで奥様にバトンタッチ(笑)

思っていたより早いタイミングで、バトンタッチされた奥様は、ご主人の下書きを見ながら、一文字ずつ丁寧に筆を走らせます。

さすが、長年連れ添ったご夫婦の連携ですね。

この御幣は、上棟日に屋根裏へと祀らせていただきます。

これから、大工工事が本格的にスタートします。

今から完成が待ち遠しいです。