奈良の平岡工務店はお家の物語を大切にする

  • facebook
  • instagram

ヴィンテージシックな家【北葛城郡】

奥様のお母様と同居することをきっかけに、新居の計画が始まったKj様。知り合いから平岡工務店を進められ、完成見学会に参加されたことをきっかけにお家づくりがスタートしました。

同居されるお母様の将来のことを考え、1階に居室とお風呂などの水回りを配置し、ご夫婦の寝室やリビングなどを2階に配置することで、ご家族それぞれが、寛いだり、趣味に没頭したり、お気に入りの場所で、思い思いに過ごしながらも、やんわりと繋がりを感じられる、間取りをご提案。

内観はブラウン基調で落ち着いたヴィンテージシックな雰囲気に仕上げ、店舗などで使用するレンガ張りの壁や、エイジング加工を施した造作家具、レトロなガラスを使ったインナーウィンドウなど、特徴的な衣装は施しながらも、やりすぎてない程々の感じを目指しました。

kitajima_01

光と風を感じる料理

対面式のキッチンを希望されるご家族が多い中、光と風を感じながら料理をしたいというご希望から、こちらでは敢えて窓際の壁面側に設置しています。明るく、風が心地よいキッチンです。

kitajima_06

籠もれる空間

寝室に併設したウォークインクローゼットのその奥の扉を開けると、ご主人の書斎が現れます。ダークトーンの落ち着いた色合いの空間で、誰にも邪魔されない自分だけの時間が過ごせます。

kitajima_10

本物の陰影

ダイニングには、職人が1枚1枚手作業で貼った本物のレンガの壁があります。最近の壁紙も随分リアルになりましたが、夜になって光が当たるとその差は歴然と現れます。レンガと目地の凹凸が生み出す本物の陰影が空間を引き締めます。