奈良の平岡工務店はお家の物語を大切にする

  • facebook
  • instagram

親子三世代同居の新しいカタチ【北葛城郡】

ご両親と長女(姉)が住んでいた築35年の鉄骨造3階建の実家で、次女(妹)家族も一緒に住もうという計画から、ご実家を親子三世代で暮らせる二世帯住宅へとフルリノベーションしました。

鉄骨造なので建物は頑丈に造られているものの、断熱性が低く、底冷えする寒さに震えながら暮らされていたご両親。

快適に暮らせる住宅性能は備えつつ、親世代と子世帯が程よい距離感で生活できるよう、共有する部分は玄関のみとし、スタイリッシュな子世帯と、ナチュラルでシンプルに仕上げた親世帯。

それぞれの空間に趣味を色濃く反映しました。

間取りもテイストも全く違う2つの魅力がスケルトン階段で交差する、新しい同居スタイルを感じられるお家です。

18040502

Before 構造(鉄骨+ALC造)

鉄骨の骨組みは頑丈で、耐震性も申し分ありませんが、木造住宅に比べて梁と柱が太く、その位置を変更することはできません。そしてALC(軽量発泡コンクリート)は切断が難しく、既存窓の位置変更や、新規のサッシの取り付けが用意ではありません。この制約を乗り越えて、機能的で暮らしやすい間取りを考案する必要がありました。

7

Before 客間(和室)

建築当初は、ほとんどの部屋が和室となっていたNg様邸。数十年前に和室から洋室にリフォームされた部屋もありましたが、広い和室の客間は昔のまま残されていました。今回のリノベーションでは、全てが洋間となり、全く新しいイメージへと生まれ変わります。

9

Before LDK

壁付けのI型キッチンの後ろにダイニングテーブル、その奥の僅かなスペースにソファーを置いたリビングという配置だったNg様邸。玄関から仕切りなく繋がっていただめ、冬は暖房が効きにくく凍える寒さでした。

親世帯のLDK。
白を貴重にブルーの差し色が爽やかな印象のナチュラルな空間に仕上げています。

造作で制作した仏壇収納は、軸回式の開扉にして洋間に違和感なく溶け込ませています。

親世帯にはバルコニーがないため、洗面室も兼ねた広いランドリールームを設置。

子世帯のLDK。
壁を全てスモーキーなグレーにして、大人っぽくてカッコいい空間に仕上げています。