奈良の平岡工務店はお家の物語を大切にする

  • facebook
  • instagram

Ng様、Sn様邸 王寺町 内装工事

「体育館の中に部屋を作る」ように柱が組まれた、鉄骨ALCのNg様・Sn様邸。

解体したばかりの鉄・コンクリートが露出した無機質な空間は、木に包まれ、温かさが広がる空間へと変化してきました。

壁や天井には断熱材がビッシリと施され、気密が高まるとともに、外壁工事の音も気にならないほど静かになりました。

その上から天井ボードをビスで固定。

ビスの深さが深すぎても浅すぎても後から貼る壁紙の仕上がりに影響します。

そのため、大工さんはビスの深さの1本1本のチェックも怠りません。

解体直後は、傾いた状態だった床も、今ではキッチリ水平をキープしています。

造作工事終了まで、もう一息。