お家の物語を大切にする平岡工務店

  • facebook
  • instagram

簡素でおだやかな暮らし

「本当に無くて良いですか。」
「はい。無くて良いです。」

普遍的なオーソドックス。実はこのご要望が一番難しい。 あんまり広くなくても良い。生活がしやすいだけでよい。
自分たち夫婦が年寄りになって、普通にごはん食べて、おまんじゅう食べて、 焼きたてのパン食べて普通に暮らしたい。とのご要望。
まさに「50年後も変わらぬ同じ暮らしかた」という家のビジョンの本質を探るべく、 好みのものより、敢えて嫌いかな〜っと思うようなものを探していきました。
真剣衰弱でいうとハズレばかりめくっていく感覚。 「ハズレました」ってなったら「あ、このテイストやイメージは違うんだ」と答え合わせを慎重に。



時間がかかりましたね。でも当たり出したら神経衰弱と同じで早い。パンパンってスペードのAがそろった、じゃ次こっち!って。
最終的には「普通の暮らし」じゃなくて、「デザインされ過ぎていないシンプルな暮らし」がいいんだなあって。
いつまでも長く使えてシンプルで飽きのこないもの、かつパーツは少なめ。 そうなると「ここにバルコニーは無くていいですか。」「はい。無くて良いです。」
って、本心から我慢することなく ギクシャクした違和感もなく、同じテンポで、同じ距離感で、お互い無理に押し切る事無く言えるんです。

建てた後の感想としては、お客様からいい意味で裏切られたって言葉を頂きました。
良い物ができるとは予想出来ていたけど、自分の考えている範疇を超えて良い所が勝手に反映されていた。って。 とても嬉しいですね。
階段の手すりも既成品を使えばいいって思うけども、ここはもうこのご夫婦に似合うのは真四角なんですよ。 人それぞれ落ち着くお似合いになるカタチがあるんですよね。
そうかなっていうのをもう先にやっちゃってました。色とか形とかバランスのスパイスを。

〜実際に住んでみて〜くらしかたインタビュー

お家は静かな小高い丘の上の住宅地に建っています。風が通り、光が差し込み、1年を通してとても過ごしやすい良い場所です。
実を言うとこのお家を建てるまでに、何度も引っ越しを繰り返してきました。 「簡素でシンプルで穏やかな暮らしがしたい」 そんな暮らしをカタチにしてくれる工務店を探して、
平岡工務店さんにたどり着きました。

すぐ横にあるキッチンは、タブレットでレシピを見ることを考えてもらい、コンセントの位置からひとつひとつ細かく設計してもらいました。
ちょっとしたことなのですが行動をちゃんと逃さずお家に反映してくれるところは本当に嬉しいですね。
また物が散らかりやすいキッチン周りにはたくさん収納できる木のテーブルも提案していただき、いつも綺麗な状態を保つことができます。
今日はパンを焼いてみたのですが、部屋中に良い香りが広がり子供達もはしゃいでいました。

1階には、収納棚を設置してもらったフリースペースがあります。私たちの物はもちろんのこと子供達のおもちゃもたくさん入っています。
最初は自由に使っていき、将来子供達が大きくなったら部屋の中央で壁を仕切り二人の子供部屋へ変えて、
子供達が大きくなり家を出る事になったら仕切りを取り払い私たち夫婦の部屋に。



暮らしの変化に対応できる空間を提案してもらいました。 お庭の芝生も好きですね。
芝生は手入れをしっかりとしなければいけないので休日に夫と子供が一緒にお手入れをしてくれます。
お庭のお手入れをしていくうちに色々と草花の知識が増えて、今ではトマトやレモン、ゆずを育てています。 去年、レモンは虫に葉を全部食べられてしまったので、
今年こそはしっかりと育てたいと奮闘中です。 穏やかな時間の中で私たちもゆっくり過ごせ、子供達の成長を見守れます。 あまり多くを求めず、至ってシンプル。
私たちのライフスタイルにピッタリなお家だと思います。

奈良県生駒市 


種別:新築戸建住宅
構造・階:木造従来工法 2階建て
建築面積: 91.24㎡
延床面積:156.80㎡
家族構成:4名 (夫婦・子供2名)

→施工事例はこちら