お家の物語を大切にする平岡工務店

  • facebook
  • instagram

JOSEP -CRAFT BEER & MEATS-

JOSEP -CRAFT BEER & MEATS-

元々、奈良市内でお店を開きたいということでご依頼があり、テナントの現地調査からラフの設計案まで進めていましたが、施工性と店舗導線の面でリスクが高くなることが明らかになり、急遽、テナント探しの振り出しに。。。 それから色々と店舗探しをしていく中で、オーナーのもう一つの希望エリアであった王寺駅周辺で、駅から徒歩1分というコレ以上無い良質な物件に出逢うことができ、プラン制作を再スタートさせました。 高い天井はそのまま活かし、通り沿いに大きなアイアン格子窓と両開行きの木製扉を設けて、間口の狭さを感じさせなることなく、奥行きがあって広さを感じる空間を造りました。お店全体をモノトーンにまとめつつ、木材の素地の色をキーカラーに入れて、カジュアル感を演出。スタッフの動きも想定した動線設計も行っています。


CROSS – Barber & Hair salon –

CROSS – Barber & Hair salon –

理容室にお勤めのご主人と、美容室にお勤めの奥様が独立して一緒にお店を開きたいというご相談を受けプランニングがスタート。 理容と美容は同じ業態のように見えますが、お客様の性別や年齢層、落着くお店の雰囲気などに違いがあり、まずはそれぞれの特徴を知り理解するところから始めました。 ・ご主人のイメージは、クラシックな雰囲気が漂う60〜70年代のオールドアメリカンスタイルのBARBER。 ・奥様がイメージされたのは、優しい色合いで落ち着いた雰囲気のナチュラルアンティークなHAIRSALON。 どちらかのイメージを優先させて、1つの空間を造ることも考えられましたが、それではもう一方のお客様に満足していただくことができず、ご夫婦が共同で独立する意味も薄れてしまします。そこで、この交わりそうもない2つのイメージの共通点は何なのかをよく考え、探し出したのが「年代」でした。理容と美容のそれぞれのイメージを維持しながらも色合いや素材感を丁寧に合わせ、バランスを取り、「年代」を揃えて、1つの空間として違和感のないお店のプランをご提案。


TEPPAN AJIMARU

TEPPAN AJIMARU

神奈川県で30年に渡り営業してきた老舗鉄板焼店「あじ丸」が、オーナーの高齢を理由に閉店することになり、その意志と味を受け継ぐ若き料理人から、長年愛されてきた「あじ丸」の良さを残しつつ、新しい世代にも「あじ丸」の味を広められるお店づくりをご希望されました。 店舗に必要な要素は「世界観」。人を引き寄せる魅力的なお店は、細部に渡って気を抜くことなく完璧な世界観を持っています。新生「あじ丸」においても、この世界観を表現することがとても重要だと考え、店舗のデザインをする前に、「あじ丸」のブランディングから行うことをご提案しました。 新生「TEPPAN AJIMARU」には「R30」というブランディングテーマを持たせ、独身世代と子育世代が混在するリアルな30歳台が通いたくなるお店を目指し、看板デザイン、インテリア(内装装飾)などの建築に関わる部分から、ロゴデザイン、メニューブックの作成や、コースター、テーブルマットなどの備品類、スタッフの制服デザインまで細部にわたって統一感を持たせた世界観を造ることをご提案。


MINOH BEER WAREHOUSE

MINOH BEER WAREHOUSE

全国展開する「箕面ビールブランド」のフラッグシップとして、店舗・倉庫・事務所をまとめた機能的な複合施設の建築をご依頼いただきました。 店舗部分のイメージで目指したのは、「大正時代に建てられた古いビルや倉庫を、現代風に改装してショップしたような雰囲気」。 1階は気軽に飲んだり買ったりできるパブのようなスペース、2階は音楽イベントなどでも利用できるホールのような大空間に。 見せかけではない本物のアンティークの質感を出すために、様々な場所に足を運んで部材を買い付け、細部までこだわり納得のいく仕上がりになっています。さらに特注オーダーのアイアンフレーム窓、重厚な鉄を組み合わせた階段、レンガ積みの壁、無骨な雰囲気の家具など、様々なアイテムを組み合わせてトータルで空間を演出しています。


hair works kaka

hair works kaka

美容室にお勤めだったオナー様より、独立開業のご相談を受けゆったりとしたヒヤリングがからスタート。 どなた様にもくつろいでいただける、カフェのようなお店づくりをご希望されました。 お店づくりには、お客様が自然と「このお店に行けば良くしてくれそう」と思ってもらえる、"ポジティブなイメージ"が、お店のコンセプトイメージがあっていることが重要です。 「kaka」さんが思い描くコンセプトに寄り添える理想のお店づくりを、喫茶店でじっくりと会話しながら聞かせて頂き、ヒントとなる「連想する言葉」を紙に書き出して、共通するワードをピックアップ。 そのワードと違和感が無いかをひつひとつ確認しながら、壁や床、梁、照明、アンティークスイッチなど細部に渡って統一感を意識し、壁の塗り方、木の雰囲気、エイジング加工など、やりすぎない程度に慎重に進めて、「kaka」さんのスタイルにフィットするお店が完成しました。 「連想する言葉」 カフェのような… 南フランスの田舎のような… かわいい… 雰囲気が懐かしい… etc...


h naturally joyo hair salon

h naturally joyo hair salon

古い町の電気屋さんを明るく落ち着ける美容室に改装したいとのご要望でした。 既存の電気屋さん(看板、陳列段)のイメージが強く、雰囲気のある美容室になるのかと気にされながらの打ち合わせでしたが、 使える素材を出来るだけ使用し、コストも考慮した提案をさせて頂きました。 狭く感じる原因だった低い天井と、間仕切りパーテーション等を取り払い、スッキリとシンプルな空間に。そして、素材本来の見え方を「エイジング塗装」によって引出し、明るく広さのある空間 + 少しレトロな雰囲気にすることをご提案しました。


Cross – Stitch Kan

Cross – Stitch Kan

刺繍材料専門店の「クロスステッチ館」様より、事務所の空きスペースを利用し、刺繍教室などが行える可愛い店内にしてほしいとのご依頼でした。 取り扱う商品を展示するスペースも造ることになりましたが、「品物の種類」「色」「大きさ」などの違いがあり、共通点を探るところから始めることにしました。 いずれの商品も風合いがあり、さらにどのように並べてみても違和感が無いことに気づき、ありのままのデザインをそっと寄り添うような店内が良いと考え、風合い色彩などを揃えた素材で改装することをご提案しました。


hair and make Arles

hair and make Arles