奈良の平岡工務店はお家の物語を大切にする

  • facebook
  • instagram

Km様邸 京都府相楽郡 基礎工事

雨上がりの田の畦道で小さなカエルがピョンピョンと跳ねているKm邸の工事現場。

この日は第三者機関による基礎部分の配筋検査が行われました。

基礎のコンクリートを打設する前に、図面通りに鉄筋が組まれているかを確認するのが配筋検査。

検査員の方が鉄筋の太さ、間隔、配置などを巨大な定規のような道具を使ってチェックし、カメラで撮影していきます。

その傍らでは、担当現場監督の弓指もメジャーを片手に配筋を自らチェック。

こういったチェックをするべき場面では、色々な人が色々な角度で確認をする多重チェックが、安心安全な家作りに欠かせません。

「図面通りにきちんと配置されていますね」

書面すべての項目に〇が記載され検査は無事終了しました。

田の色が移ろいゆく中、新しいお家がこの地に造られていくのが今から楽しみです。